日本社会薬学会「学部学生優秀発表賞」について

2016/03/08

日本社会薬学会では、2000年の年会から、学会における一般発表演題を対象に、 優秀発表を「SP賞」(SPはSocial Pharmacyの頭文字に由来)として表彰してきました。 近年、年会への学部学生の参加や演題発表が増加していることから、日本社会薬学会では、 学部学生会員による学術活動への一層の期待を込めて、 年会「学部学生優秀発表賞」を創設することになりました。

1. 35年会(2016年9月10-11日、札幌開催)から創設します。
2. 「学部学生優秀発表賞」の選考は、筆頭発表者が薬学(6年制・4年制)ないし
  その他の学部の学生会員である発表を対象とします。
  大学院生の会員が筆頭者の発表は、SP賞選考の対象とします。

3. 筆頭発表者は日本社会薬学会の学生会員ないし一般会員であることを要します。

4. 選考方法、表彰、賞品などは、SP賞に準じます。

 

学部学生優秀発表賞受賞記録

掲載の表にお気づきの所がありましたらお知らせくださるようお願い致します。

 

年度 年会会場 受賞者名 所      属 演     題    名
1 2016 北海道薬科大学 山菅友理子他 明治薬科大学公衆衛生・疫学 長期処方高齢患者に対する薬剤師の介入実態(薬剤師中間介入研究より)

 

 サイトマップ
日本社会薬学会 事務局 (株式会社ドーモ内)
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル4階
TEL 03-5510-7923  FAX 03-5510-7922
Copyright © Japanese Society of Social Pharmacy . All Rights Reserved.