社会薬学フォーラム

社会薬学フォーラムのご案内

メインテーマ:薬剤師に求められる責任とは、今一度考えよう!
開催日時:2019年3月17日 13:00〜16:15
会  場:北里大学薬学部 プラチナタワー棟 3201 教室(予定)
     〒108-8641 東京都港区白金5-9-1 北里大学薬学部 白金キャンパス
参加費:無料
日本薬剤師研修センターシール2単位(申請中)

フォーラムへの参加申込はこちらから

開催趣旨:
 薬学・薬剤師の raison d'être に関わる薬事法は平成25年、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下、薬機法)となり、医薬品のみならず、医療機器をはじめとする多くの医療資材の品質・有効性・安全性確保を旨とするものとなった。特に現在、薬機法関連の制度改正の中で、流通・使用の最前線に位置する薬剤師・薬局のあり方、医薬分業のあり方について幅広く議論されている。
 薬剤師の法に委託される本来の任務に基づく地域住民・患者を支援のための医薬分業のあり方や、地域包括ケアシステムに合わせて、どのように具体的な支援を地域の中で実践するかは、法制度の改正議論のみに依存するのではなく、法制度の行方を踏まえた現場での議論が重要視されている。
 今回、これからの地域医療・保健における薬局・薬剤師の役割について、薬機法が示す方向性を理解し、地域包括ケアシステムの中でどのように薬局・薬剤師が活動をするのか、ワークショップを踏まえて議論の場としたい。


プログラム
12:15 受付開始
  総合司会 串田一樹 (昭和薬科大学)

13:00〜13:45 特別講演1 『薬機法の論点とその方向性(仮題)』

    宮崎生子 先生 (昭和薬科大学 社会薬学研究室 教授)

13:45〜14:30 特別講演2  『地域包括ケアシステム構築における薬剤師の本来の役割(仮題)』

    鈴木順子 先生(北里大学薬学部 社会薬学研究室 教授)

14:30〜14:45 休憩

14:45〜15:45 ワークショップ  テーマ『「医療×介護」で地域を豊かに』

    ケース資材を用いてグループ討議を予定

   コンセプト:地域包括ケアの考え方に基づく薬局・薬剤師の地域業務のありかたを         介護との連携の視点で議論する。

15:45 総合討論

16:15 閉会

共催:一般社団法人 地域医療薬学研究会(SSCP) info@sscp.or.jp


 

 

 サイトマップ
一般社団法人日本社会薬学会 事務局 (株式会社毎日学術フォーラム内)
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
Tel: 03-6267-4550 Fax: 03-6267-4555 E-mail:maf-shayaku@mynavi.jp
Copyright © Japanese Society of Social Pharmacy . All Rights Reserved.