社会薬学会協賛学術集会など

医薬部外品に関する共催シンポジウム

茶のしずく事件、白斑事件を薬事法制から考える!

日時:2014年2月22日 (土) 午後1時30分〜4時30分
場所:プラザエフ(主婦会館:JR四谷駅から徒歩1分)

プログラム

13:30〜13:35 ご挨拶:
  伊藤誉志男
  (NPO法人食品安全グローバルネットワーク会長、元国立医薬品食品衛生研究所食品
   試験部長、元武庫川女子大学薬学部教授、一般財団法人日本食品分析センター学術顧問)
13:35〜13:40 シンポジウム開催の趣旨説明:中村幹雄(鈴鹿医療科学大学客員教授)
13:40〜15:40 講演 (各30分間)
  座長:中村雅人(弁護士、第1期消費者委員会委員長代理)
 講演1:薬事法による医薬部外品の規制について:欧米の制度も踏まえて
  齋藤充生先生(帝京平成大学薬学部准教授、元厚生労働省・医薬品医療機器総合機構)
 講演2:加水分解コムギアレルギー:臨床的な知見を中心に
  福冨友馬先生(国立病院機構相模原病院臨床研究センター診断・治療薬開発研究室)
 講演3:加水分解小麦による小麦アレルギー発症の基礎的検討
  手島玲子先生(国立医薬品食品衛生研究所・食品部長)
 講演4:医薬部外品をめぐる2つの裁判から
  松本恵美子先生(弁護士、薬剤師)
15:40〜16:20 パネルディスカッション(質疑応答および討論)
16:20〜16:30 閉会の挨拶:山根香織(主婦連合会会長)
〇定員:180名
〇会費:(共催・協賛団体にてご確認下さい)社会薬学会関係1000円
〇共催:主婦連合会、NPO法人 日本消費者連盟、食品表示市民ネットワーク、新薬学研究者
    技術者集団、NPO法人 食品安全グローバルネットワーク、他
 協賛:日本社会薬学会
〇参加申込:NPO法人食品安全グローバルネットワーク 中村幹雄 宛にFAXして下さい。
 〒530-0047 大阪市北区西天満3丁目13-18 島根ビル5階
 FAX:06-6311-1484
ご質問:中村幹雄(鈴鹿医療科学大学薬学部 医薬品・食品安全学研究室)宛、電話またはメール。
 e-mail:mikio-nakamura@mopera.net   携帯電話:090-3280-4181 

 参加申込書(MS Word) 印刷してご利用ください。

 

 サイトマップ
日本社会薬学会 事務局 (株式会社ドーモ内)
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル4階
TEL 03-5510-7923  FAX 03-5510-7922
Copyright © Japanese Society of Social Pharmacy . All Rights Reserved.