社会薬学フォーラム

平成28年度 社会薬学フォーラム

平成28年度 社会薬学フォーラムは終了いたしました。


テーマ : リスクが潜む医薬品の個人輸入:偽造医薬品だけにとどまらない危険性
日時  : 2016年7月31日(日) 13:00〜16:00 (受付 12:15~)
場所  : 慶應義塾大学薬学部 芝共立キャンパス 2号館3階 351教室
〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30  TEL:03-3434-6241
参加費 : 会員2,000円 、非会員3,000円、学生無料
参加者できる方: 日本社会薬学会会員、その他は医学薬学関係者とする。
定 員 :120名(先着順。定員に達した時点で締め切ります)
締め切り:2016年7月29日(金) 午後5時
薬剤師研修認定シール : 2単位

開催趣旨:
政府の規制改革会議は2016年5月19日、「規制改革に関する第4次答申 〜終わりなき挑戦〜」を提出した。報告書では、2016年3月31日に電子処方箋が解禁されたことを受け、「処方箋により調剤される薬剤についても、インターネット等を活用した直接対面以外の販売形態を検討する前提条件の1つが整ったと考えられることから、今後取り組むべき課題として検討を進めることが重要である」と記載しており、今後、オンライン薬局の推進に向けて議論が進められていく可能性がある。

 本邦においては、国内未承認薬で代替品がなく、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合等を想定し、医薬品の個人輸入が認められている。しかし、一般消費者がインターネット上の個人輸入代行サイトを介して、性機能改善薬(ED治療薬)や抗肥満薬、点眼薬、抗アレルギー薬、抗精神病薬などを購入している実態が報告されており、本来の枠組みから外れた医薬品の個人輸入が散見される。このような現状が生じている一因として、消費者が偽造医薬品の危険性や医療用医薬品のリスクを十分に理解していないことがあげられるが、個人輸入といった形態であったとしても一般消費者が処方箋なしにネットを介し一般用医薬品以外の承認及び未承認医薬品を入手可能な現状に大きな問題がある。

 本フォーラムでは、一般消費者によるネットを介した一般用医薬品以外の医薬品購入の実態について、アメリカを中心とした海外におけるオンライン薬局制度やネットでの医薬品の不正販売の監視体制や裁判事例について2名の講師から報告して頂く。現在の制度がネット社会に適合しているのか、また監視体制のあり方を見直す機会としたい。

 

プログラム:
13:00 ~ 14:00

「一般消費者によるネットを介した一般用医薬品以外の医薬品購入の実態報告」

一般社団法人 偽造医薬品等情報センター事務局長 高梨宏

14:10 ~ 15:10

「アメリカを中心とした海外におけるオンライン薬局制度やネットでの医薬品の不正販売の監視体制や裁判事例」

LegitScript アジア政策・執行部長 岡沢宏美

 

15:10 ~ 16:00  総合討論

 

16:10 閉会

 

ご案内(PDF)
また、ちらしとしてご活用ください。

お問い合わせ先:日本社会薬学会 事務局 shayaku@do-mo.jp

日本社会薬学会フォーラム 2015


日時  : 平成27年7月20日(月)13:00 〜 15:40
場所  : 北里大学薬学部2号館3階 2301教室
東京都港区白金5-9-1
問い合わせ先 TEL:03-5791-6230 薬学部社会薬学部門

 

プログラム:

13:00 〜 14:00 特別講演

  「一般用医薬品販売の実態とその課題」

      厚生労働省医薬食品局 薬事専門官 大橋 佳奈 

14:00 〜 14:10 休憩

14:10 〜15:10 シンポジウム 

  「一般用医薬品のリスクマネジメントに関する日米比較」

      大塚邦子 (横浜薬科大学)

  「ネット販売の実情に関する話題提供」

      株式会社 杏林堂薬局

  「制度が求める医薬品販売について」

      鈴木順子(北里大学薬学部)

15:10 〜 15:40 総合討論

              

参加費 
会員2,000円、非会員3,000円、学生 無料

 

平成25年度 第1回社会薬学フォーラム


テーマ : 過量服薬者のゲートキーパーになるために
日時  : 平成25年5月25日(土) 14:00〜17:00
場所  : 慶應義塾大学 芝共立キャンパス2号館355教室
参加費 : 2,000円(資料代含む) 、学生500円(資料代のみ)
薬剤師研修認定シール : 2単位

プログラム:
「茨城県の取組、向精神薬服薬指導マニュアル作成について」
医師  小徳 勇人
(ルニア記念クリニック院長)
薬剤師 鈴木 弘道
(栗田病院薬剤部長)
行政 茨城県保健福祉部薬務課担当者

「向精神薬過量服薬の現状と課題」
嶋根 卓也
(独) 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所
薬物依存研究部 心理社会研究室長

詳しくはこちらをごらんください。

 

平成24年度 第1回社会薬学フォーラム


テーマ : 新たなドラッグ 脱法ハーブとはなにか?
日時  : 平成24年8月18日(土) 15時-17時
場所  : 慶應義塾大学 芝共立キャンパス
2号館地下1階B55教室
参加費 : 1000円 (学生無料)
薬剤師研修認定シール : 1単位

講演 : 「脱法ハーブ乱用の危険性」
舩田正彦(国立精神・神経医療研究センター)
「薬物乱用は違法薬物だけではない!」
小島尚(帝京科学大学医療科学部)

詳しくはこちらをごらんください。

 

平成22年度 第2回社会薬学フォーラム

平成23年3月19日(土)14:00に「第2回社会薬学フォーラム」『自殺者3万人時
代を、薬剤師はどう食い止めることができるのか』を開催する予定でしたが、「東北・関
東大震災」の大災害によりまして、 残念ながら延期することといたしました。
本フォーラムに関しましては、会員以外の方からも大変関心をお寄せいただいており、
今後、学会として改めてご案内したいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 → 平成23年度第1回フォーラムとして開催 中止

平成21年度第2回社会薬学 フォーラム

主催 日本社会薬学会

日  時:

平成21年9月12日(土) 17:30-20:00

場 所:

慶應義塾大学薬学部 2号館 3階 315教室

テーマ:

「改正薬事法に見る薬剤師の正念場」

シンポジスト:

吉田 憲 氏 (三菱商事株式会社  ヒューマンケア・メディア本部 ヘルスケアユニット医薬品流通チーム)

玉田 慎二 氏 (株式会社医療経済社)

座 長:

白神 誠

参加費:

1000円、学生無料

「改正薬事法に見る薬剤師の正念場」

 2009年6月 より改正薬事法が施行された。この法改正の狙いの一つとして、少子高齢化を迎えて、今後さらに高まると予想される医療の社会的負担を軽減するためにも、健 康で文化的な生活を個人が実現しやすくしてゆこうという、いわゆるセルフメディケーションの推進がある。この一環として、軽い疾病等での病院利用を避け、 薬による早期対策を打ちやすくすることを目的として、一般用医薬品がリスク分類により区別された。この結果、リスクの低い一般用医薬品は、情報提供者とし て薬剤師の他に登録販売者が認められるなど、薬の入手がしやすくなり、販売方法も大きく変化している。今後、更にリスクの高い医薬品が第1類 医薬品として販売されることも予測されるため、薬の販売や入手における、専門家としての薬剤師の重要性が増してくると考えられる。しかし実態は、社会的 ニーズの実現が急がれる中で、本来あるべき薬剤師の役割の正しい認識や、薬剤師側としての専門家の育成や働きの活性化に、課題が多いと考えられる。

 新たな薬剤師の業務の展開などを検討するため、今回は三菱商事株式会社ヘルスケアユニット医薬品流通チームの吉田憲氏及び医薬経済社の玉田慎二氏からお話うかがう予定である。

 

平成21年度第1回社会薬学フォーラム

 

日 時:

平成21年7月13日(月) 18:45〜21:00

場 所:

昭和大学旗の台キャンパス、4号館6階600号教室

テーマ:

薬剤師が知っておくべきメタボリックシンドローム対策

講 師:

平野 勉先生(昭和大学病院 糖尿病・代謝・内分泌内科診療科長)

高木 康先生(昭和大学医学部 医学教育推進室)

篠原久仁子先生(フローラ薬局代表代表取締役・昭和大学大学院薬学専攻)

座 長:

亀井美和子(昭和大学薬学部 薬学教育推進センター・社会薬学教室)

参加費:

1,000円(学生は無料)

プログラム

 18:30- 受付開始

 18:50- 開会挨拶

 19:00-19:40 平野先生(特定検診・特定保健指導とメタボリックシンドローム対策)

 19:40-20:10 篠原先生(メタボリックシンドローム対策に薬剤師が関われること)

 20:15-20:55 高木先生(メタボリックシンドローム対策で理解すべき臨床検査値)

 21:00終了

 

 

平成19年度 第1回社会薬学フォーラム

“精神疾患の患者にどう向き合うか”

 

精神疾患患者と他の疾患の患者との服薬指導方法に違いはあるのでしょうか。

も しあるとすれば、私たちは何を学ばなければならないのでしょうか。患者の精神疾患を一つの障害と受けとめ、患者の気持ちを重視した服薬指導に必要とされる ものは何か、下記のフォーラムを企画いたしました。精神科疾患を知り理解を含め、患者の気持ちに沿った服薬指導方法を学んでみませんか。

このフォーラムは、精神疾患に対するあなたの認識を変えるに違いありません。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

日 時

2007年8月4日(土)16:00−18:30

場 所

共立薬科大学 2号館 3階351号室

16:05-17:05

1. 教育講演 「統合失調症の治療の実際と対応法」   

 

福島県立医科大学医学部神経精神医学講座

福島赤十字病院精神神経科 和田 明 先生

17:05-17:45

2. 「精神疾患患者への服薬モジュール」

 

帝京大学薬学部 医療薬学場K講座 実務薬剤学教室

准教授 

斎藤百枝美 先生

17:45−18:25

3. 「くすり相談事例から考える精神疾患患者への情報提供」 

 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構安全部

 

藤上雅子 先生

会費 

会 員

1000円

  

非会員

2000円

※ 研修単位 2単位

 

 

平成18年度 第1回 社会薬学フォーラム

 

“薬剤師への期待と未来”

 

国 民の高齢化は急速に進み、医療提供のあり方への関心は益々高くなっている。また、医療提供者である薬剤師については、昨年の医療法等の一部改正において薬 局が医療提供施設に位置づけられるなど、地域医療における責任と役割は更に大きくなるものと思われる。社会の期待に応え薬剤師が真の医療人として信頼と安 心を得ていくために、今何をすべきか。幅広い見識をお持ちの先生方のお話をお聞きし、一緒に考えてみましょう。

 

日 時

平成19年3月21日(水) 13時開演(受付は12時10分)

場 所

共立薬科大学芝校舎 1号館 マルチメディア講堂

東京都港区芝公園1-5-30

JR浜松町駅(山手線・京浜東北線)下車、徒歩10分

地下鉄 御成門駅(都営三田線)下車、A2出口、徒歩2分

地下鉄 大門駅(都営浅草線)下車、徒歩6分

演 題

「英国薬剤師の社会的機能−拡大しつつある守備範囲、その背景と将来像−」

講師;

英国ヨーク大学 ヘルス・エコノミクス修士

英国ロンドン大学 臨床薬学修士

葛西美恵 先生

「薬局薬剤師の課題と展望:薬局の機能と薬剤師の職能」

講師; 

ジェンダーメディカルリサーチ代表取締役

これからのウイメンズヘルス研究会

薬剤師  宮原富士子 先生 

「薬剤師の社会的役割と法的責任」

講師;

三輪亮寿法律事務所所長

弁護士・作家  三輪亮寿 先生

 

 

平成18年度 第1回 社会薬学フォーラム報告

 

 

平成17年度 第1回 社会薬学フォーラム

 

“新型インフルエンザの流行に備えて”

 

開催のご案内

 日本社会薬学会は、年会の開催、会誌発行、ニューズレターの発行の他、今期からわいわいバトルも開催するようになりました。このような一連の活動とともに、会員数も400名 を超える学会となってまいりましたので、活動の一層の充実を図るために今期から先の活動の他に、薬を取り巻く社会的な関心が高い話題について、フォーラム を開催することを企画しています。フォーラムのテーマとしては、医薬品販売のあり方、災害時等の緊急時の医薬品供給、薬学6年制などわいわいバトルから発 展してきた問題も多々あります。これらのテーマの中で、今年は、例年になくインフルエンザの流行に対して大きな不安が示されていることから、今回、「新型 インフルエンザの流行に備えて」のテーマで第1回社会薬学フォーラムを開催することになりました。

 

プログラム

こ のフォーラムでは、国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦先生にインフルエンザウイルス感染の大流行の歴史、これまでのインフルエンザ、鳥イン フルエンザと新型インフルエンザとの違い、大流行の防止に向けた世界的な施策などについてご講演頂きます。また、インフルエンザ感染に対する防御と治療、 および、自治体等で検討されている行動計画の中での医療機関と薬局の役割についての認識を深め、到来が危惧されるインフルエンザパンデミックに対する薬剤 師の備えについて考えたいと思います。

 

日 時

平成18年2月11日 (土) 13:00〜16:00

場 所

共立薬科大学 マルチメディア講堂

演 題

「インフルエンザ」

(普通のインフルエンザ、鳥のインフルエンザ、新型インフルエンザ)

講師;

国立感染症研究所感染症情報センター長

岡部信彦 先生

「東京都新型インフルエンザ対策行動計画」について

講師; 

東京都福祉保健局健康安全室 感染症危機管理

大黒 寛 先生

 

 

 

 

 サイトマップ
日本社会薬学会 事務局 (株式会社ドーモ内)
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル4階
TEL 03-5510-7923  FAX 03-5510-7922
Copyright © Japanese Society of Social Pharmacy . All Rights Reserved.