北海道支部

日本社会薬学会北海道支部役員(平成27年度)

支部長   櫻井秀彦
副支部長  和田啓爾  遠藤惠美子
庶務幹事(事務局)  村上美穂
会計幹事  高梨香織
幹事    伊東佳美(企画委員)岸本桂子 土屋裕美 中本祥子 野田敏宏 野呂瀬崇彦 
      古田精一 増田園子 八木直美 柳本ひとみ(企画委員) 山下 隆 吉村昭毅
監事     鶴山 辰
顧問     板谷幸一 早瀬幸俊 吉沢逸雄

日本社会薬学会北海道支部 平成27年度 活動報告

 

 北海道支部では毎年、春期に支部総会及び第1回例会、秋〜冬期に第2回例会を開催しています。

 春期は、例年5月に北海道の薬事、薬業、薬学教育・研究関係者等が一堂に会し、研究、調査結果等を発表する北海道薬学大会(北海道薬学大会組織委員会:北海道薬剤師会、北海道病院薬剤師会、日本薬学会北海道支部、日本社会薬学会北海道支部、他多数)において、その一部会として支部総会とポスター形式による一般学術発表会(第1回例会)を開催しています。一般ポスター発表会では、毎年、社会薬学の名が示す通り非常に幅広いテーマでの発表があります。服薬指導や患者調査など薬局実務や薬局の取り組みに関するものから、e-Learning、教育支援、教育研修など薬学・薬剤師教育や大学の取り組みや評価に関するもの、また、医薬品情報、医薬品の相互作用、製剤の安定性や品質評価など幅広い発表となっています。発表演題数も増加傾向にあり、最近では20〜30題の応募があります。特に薬学教育6年制実務実習のスタートに伴い、大学と薬局との共同発表が増加しており、平成23年度以降は6年制薬学教育課程の学生による「卒業研究」の成果発表の場にもなっています。北海道支部では、今後もより多くの発表に接することができ、十分な討議が可能であるポスター形式での一般発表を継続していく予定です。

 また、平成23年度からは新たな取り組みとして、様々な分野でご活躍されている先生方にお越しいただき、北海道支部主催の特別講演会も第1回例会において開催しています。平成23年度は、畠中 岳先生(すばるコーポレーション常務取締役、薬局すばる管理薬剤師)に『患者サポーターとなる薬剤師の役割〜自殺防止にかかわって』と題して、平成24年度は、瀬川正昭 先生(徳島文理大学薬学部教授、NPO法人「山の薬剤師たち」理事長)に『薬局・薬剤師が地域社会に根ざすために』と題して、平成25年度は、松田 純先生(静岡大学人文社会科学部社会学科教授、NPO法人ヒューマン・ケア支援機構理事長)に『終末期医療と倫理―事前指示と尊厳死法』と題して、平成26年度は、本学会会長の宮本法子先生に『社会とつながる薬学教育 〜大学の地域連携がもたらすもの〜』と題してご講演いただき、いずれも盛会のうちに終了しました。

 今年度の支部総会、特別講演会及び第1回例会は、5月17日(日)に、札幌コンベンションセンターにおける第62回北海道薬学大会において開催されました。特別講演には、野村香織先生(東京慈恵会医科大学 分子疫学研究室)にお越しいただき、『Pharmacy in Public Health』と題してご講演いただきました。また一般ポスター発表会では16題の発表があり、昨年同様いずれも盛会のうちに終了しました。

 秋〜冬期(10〜12月)に開催している支部主催((社) 北海道薬剤師会 後援)の第2回例会では、タイムリーな話題を選び、講演会、ワークショップ、シンポジウム等を企画・開催しています。社会薬学会会員のみならず、非会員の方々にも広くアナウンスし、様々な情報を発信してきました。最近のものを紹介しますと、平成20年度は6年制実務実習を間近に控え、北海道薬剤師会薬学実務実習委員会委員長の桂 正俊氏に「北海道における薬学実務実習の準備状況と展望−薬局実務実習について−」と題してご講演いただきました。平成21年度は、元小樽市保健所長 外岡立人先生による「新型インフルエンザの現況と、対策への薬剤師の関わり方」と題する講演会、平成22年度は、帝京平成大学薬学部の荒川一郎先生による「薬剤師が予防医学に関わるために〜ワクチンの現状と課題について考える」と題する講演会を開催し、それぞれの現状や問題等をご紹介いただくとともに、薬剤師の関わり方についてご提言いただきました。平成23年度は「災害時の医薬品供給と薬剤師の課題」をテーマにシンポジウムを開催しました。今後の道内災害時に迅速・確実な医療を提供するために、薬剤師の役割と医薬品供給の情報の理解を目的に、シンポジストとして、東日本大震災後に現地で活動された道内の医療チーム派遣薬剤師、大学派遣教員(薬剤師)、学生ボランティア、並びに医薬品卸売業の代表者にお越しいただき、第1部で基調講演、第2部でパネルディスカッションが行われました。

 平成24年度以降は日程の調整がつかず残念ながら休会となっていますが、今後も引き続き社会薬学会ならではの情報提供、問題提起をしていきたいと考えています。会員のみなさまの変わらぬご支援とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

日本社会薬学会北海道支部 平成27年度総会,特別講演会及び例会

2015年5月17日(日)9:30〜15:30   詳細はこちら

【日本社会薬学会北海道支部 平成27年度総会】
・日 時:2015年5月17日(日) 9:50〜10:30
・会 場:第62回北海道薬学大会 札幌コンベンションセンター 1F 105号室
     (札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
     詳細(プログラム)はこちら

【日本社会薬学会北海道支部 平成27年度特別講演会】
・演 題:『Pharmacy in Public Health』
・講 師:野村香織先生(東京慈恵会医科大学 分子疫学研究室)
     詳細(講演要旨)はこちら
・日 時:2015年5月17日(日) 10:30〜12:00
・会 場:第62回北海道薬学大会  札幌コンベンションセンター 1F 105号室
・主 催:日本社会薬学会北海道支部


【日本社会薬学会北海道支部 平成27年度例会】
・日 時:2015年5月17日(日) 9:30〜15:30
・会 場:第62回北海道薬学大会
      札幌コンベンションセンター 1F  大ホールA
     (札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
・ポスター発表:詳細(プログラム)はこちら
・連絡先:日本社会薬学会北海道支部事務局
     北海道薬科大学薬学部 薬事管理学分野  村上美穂
     Tel  :  011-676-8725
            E-mail    :  miho-c-m@hokuyakudai.ac.jp

<報 告>

 平成27年度日本社会薬学会北海道支部総会は5月17日(日)に札幌コンベンションセンターにおける第62回北海道薬学大会において開催されました。平成26年度の事業及び会計報告の後、平成27年度事業計画及び予算案、並びに役員人事について審議されました。27年度の事業計画及び予算案、幹事役職の交代および幹事の増員につきましては、いずれも提案どおり承認されました。支部役員の詳細につきましては「支部」の欄をご覧ください。また、北海道支部では、平成28年度の日本社会薬学会第35年会を担当します。年会長は櫻井秀彦支部長(北海道薬科大学)、会期9月17,18日、会場は北海道薬科大学前田キャンパスで開催することが全会一致で承認されました。また、今後幹事および有志による実行委員会を立ち上げ、準備に取り掛かることが了承されました。

 特別講演会は、日本医師会において地域医療第一課薬務対策室長を担当されています東京慈恵会医科大学 分子疫学研究室 野村香織先生にお越しいただき、『Pharmacy in Public Health』と題してご講演いただきました。英国と日本におけるPublic Healthの捉え方の違いおよびPublic Healthへの薬剤師・薬局のかかわりについて講演され、会員を上回る非会員の方々の参加があり(合計47名)、盛会のうちに終了しました。

 平成27年度例会(ポスター発表)では大学及び薬局より16題の発表があり、薬物動態や品質評価など医薬品の取扱に関するものから、ヒューマンエラー、職務満足など薬剤師実務や薬局の取り組みに関するもの、また、ワクチン接種、自己採血検査、予防や健康管理など、対象者が患者から学生や一般市民までと非常に幅広いテーマでの発表となり、朝9時30分の開場直後から閉場まで、非常に多くの方に来場頂き、昨年同様、盛会裏に終了いたしました。


野村先生 特別講演会
   

例会(ポスター発表)
 

 

 

過去の活動報告

日本社会薬学会北海道支部 平成26年度 活動報告

平成 20 年度総会並びに第 1 回例会 活動報告(PDF)

 
 サイトマップ
日本社会薬学会 事務局 (株式会社ドーモ内)
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル4階
TEL 03-5510-7923  FAX 03-5510-7922
Copyright © Japanese Society of Social Pharmacy . All Rights Reserved.